お部屋探しでよくある質問、まとめました!

不動産

初めてのお部屋探し、いろんな疑問がわいてきますよね。
私もそうでした。
初めての時はよくわからず、不動産屋さんのおすすめ物件を一発で決めたことがありましたが、後になって「もっと他にあったのではないか」と後悔したこともあります。
また、「こんな探し方でよかったんだろうか」という不安や「ほかの人は一体どれぐらい物件を見て決めてるんだろう」という疑問も出てきました。
そこで、今回はそんな疑問の解消と後悔しないためにお客さまからよく聞かれる質問と回答をまとめました!
ぜひ、参考にしてください!

よくある質問その1

何件ぐらい見て決めますか?

→平均3~5件
1回目は、だいたい3件ぐらい物件を見るのが一般的です。
その3件で決める方が多いですね。
でも3件回ったけれど、「なんかちょっと違うな」ということでいったん保留にし、もう一度情報収集をして2回目の5~6件目で見つかる方もいます。
最初から「これだ!」「この物件は私の中で100点満点!」と思っていても、実際行ってみるとイメージと違うというパターンも多いのです。
1件で決める、という人はレアです。
やはり比較することって大事ですよね。
「ここしかない!」と思っていてもよく似た物件も一緒に見てみましょう。

よくある質問その2

何日ぐらいで見つかりますか?

→2日に分けて見つかる
もちろん1回目で決める方もいますが、「ちょっと冷静に判断してみます」「親と相談します」という方もいます。
1回目で見た物件を一度持ち帰って第三者の意見を聞いたうえで判断し、後日電話等で「先日見た〇〇マンションにします」と連絡いただくことが多いですね。
しかし、見たい物件が多くて1回目に回り切れずに後日という方や、1回目に回った物件は気に入らず、2回目で見つかる方もいます。
2日に分けて見つかる感じですね!その2日は1回目に見た日からあまり日を置かず、早いほうがいいですね。
1回目に見た物件が「どんなんだったっけ?」と忘れてしまうこともありますし、結局1回目に見た物件にしようと決めてももうすでに別の人が決めて物件がなくなっていたり…。
忘れないためには写真を撮っておくのも一つの手ですね!

よくある質問その3

早く決めないとなくなりますか?

→時期と物件による
賃貸業界には繁忙期と閑散期があります。
ハイシーズン、オフシーズンとも言ったりもします。
新生活がスタートする4月、10月に向けて準備をする時期である1~3月、9月が繁忙期、それ以外が閑散期です。
繁忙期というのはやはり物件を探す方が多いため、人気の物件はすぐなくなってしまいます。

よくある質問その4

徒歩何分って本当に歩けますか?

状況による
不動産の広告には、〇〇駅から徒歩〇分と記載されていますが、これは不動産の表示に関するルールがあって必ず記載しなければなりません。
徒歩〇分というのは「80m=1分」と距離に基づいて計算しています。

徒歩による所要時間は、道路距離80メートルにつき1分間を要するものとして算出した数値を表示すること。この場合において、1分未満の端数が生じたときは、1分として算出すること。

参考:「不動産の表示に関する公正規約」

また、距離の測り方も最も近い場所を起点、着点としています。

団地(一団の宅地又は建物をいう。以下同じ。)と駅その他の施設との間の距離又は所要時間は、
それぞれの施設ごとにその施設から最も近い当該団地内の地点を起点又は着点として算出した数値
を表示すること。ただし、当該団地を数区に区分して取引するときは、各区分ごとに距離又は所要
時間を算出すること。

参考:「不動産の表示に関する公正規約」

ですので、駅まで徒歩〇分とあくまで「駅まで」。
改札口やホームまでの時間ではないので注意してくださいね。
そして、「状況による」と書いたのは、

  • マンションのエレベーターの待ち時間
  • 信号の待ち時間
  • 坂道・雨、雪、強風などの天候
  • 履きなれていない靴、ヒール
  • 重い荷物を持っての移動
  • 歩くスピードは個人差がある

などがあるからです。
物件を選ぶ際、「駅から近い」を最優先条件としている方は、実際にご自身で歩いてみることをおすすめいたします。
徒歩10分と記載されていても、実際歩いてみると13~15分かかる!という場合もありますので、最寄り駅の距離を重視している方はぜひ歩いてみてください!

よくある質問その5

ネットに掲載されていない物件ってありますか?

→ほとんどない
どこかしら、ネットに掲載されていますが、その物件を上手く見つけ出せるかどうかですね。
大手の不動産ポータルサイトには載っていないけれど、不動産会社の自社ホームページには掲載している、でもそのホームページになかなかたどり着けない、というのが現実です。
また、ネットに載っていない物件は「掘り出し物件」で「安い」「駅近」と良いイメージを持つと思いますが、良い物件だったらさっさとネットに載せます。
大家さんは空室期間が長くなるのを嫌がります。
空室が出るととにかく早く住んでほしいのです。
だってそれが「お給料」ですから。
ですので、空き予定物件が出るとその物件を管理している不動産会社は速攻ネットに掲載し、周知します。
今住んでいる方が「〇月末で退去したい!」と意思表示をした段階ですぐにオープンにします。


以上、よくある質問5つについて回答いたしました。

少しでもお部屋探しの際に役に立てばうれしいです。

プロフィール


 

zeronuko(ゼロヌコ)

◆50代二児のママ
◆大阪市在住
◆27年勤めた会社を辞め令和1年不動産会社AnzRealEstateを設立。
起業、子育て、人間関係等過去の経験からお役立ち情報を発信します。
◆宅地建物取引士、AFP、二級ファイナンシャル・プランニング技能士、一種証券外務員資格、年金アドバイザー3級、生命保険募集人資格、損害賠償保険募集人資格、心理士、ライフスタイルテラピスト

不動産
スポンサーリンク
zeronukoをフォローする
グローアップ50代