【物件探し】「物件が見つからない!」3つの理由 はコレ!

不動産

お部屋探しを進めていくとなかなか自分にしっくりくる物件を見つけることができず、立ち止まってしまうことってありませんか?

「がんばって探してるのに」
「ネットでの選び方もまちがっていないのに」

でも、なぜかいい物件に出会わない…

こういう状態が続くと結構辛くなりますよね。
でも、大丈夫です。こういった現象はよくあること。
落ち込まなくてもいいんです。

大切なのはそのまま見つからないままになってしまうのか、何かに気づき、理想の物件を見つけるようになるのか…。今回はココがテーマです!

見つからない理由を知ると次のステップに進めるようになります。

いちど、今の状況と照らし合わせてみてください。
また、これからお部屋探しをする人はこれに当てはまらないように気を付けながら進めていってください。
ストレスなく理想の物件に巡り合う確率が高くなりますよ!

理由その1:ネットだけで判断

物件を探す場合、ほとんどの方がネットで検索をします。
間取り、写真など色んな情報が掲載されているのである程度のことは把握できます。
しかし、掲載情報だけではわからないことって実はたくさんあったりするのです。

ネットに掲載されている間取り図や写真で見るよりも、

✓思ったより狭かったor広かった
✓思ったよりも古くないor古い

と感じることがあります。

ネットに掲載している物件の特徴は、

・いまいちな物件でもすごくきれいに見えるように撮影
・逆にものすごくいい
物件のに写真がいまいち

ということが多々あります。

なので、掲載している情報だけを頼りにしていると失敗につながってしまう恐れがあります。
ある程度条件にヒットした物件はネット上で判断せずに確認の意味も含めて内見に行くようにしましょう。

いまいちだと思っていた物件が内見することによって、「探していたの、これだっ」となるかもしれません。
ネットだけではこうなりませんからね。
ネットの見すぎは注意です!

ただし、

こまよさん
こまよさん

見に行きたくても事情があって行けないわ

という方ももちろんいらっしゃいます。

理由は様々ですが、例えば、
✓仕事が忙しくて見に行けない
✓小さなお子様がいて外出が難しい
✓急な転勤

行きたくても行けない方もいらっしゃいます。

その場合は、オンライン内見を申し込みましょう!

これ、意外と使えます!
詳しくはこちらをご覧ください。

理由その2:まったく妥協を許さない

いいなぁと思っていても、
「あれ、ちょっと違うなぁ」
と感じることがあるんです。

その感覚ってものすごく大事。
どんなに条件がマッチしていても、
✓毎日帰りたくなるお部屋
✓気分が上がるお部屋
✓心が安らぐお部屋

でなければ、嫌ですよね。
せっかく頑張って探しているのですから、理想とするお部屋に近づきたいですよね。

ただし、ここで注意点があります。

✓細かな条件までに気にしすぎてしまう
✓100点満点の物件を探してしまう

これをしてしまうとなかなか見つからないのです。

例えば最初の条件で、

・オートロック
・2階以上
・バストイレ別
・独立洗面台
・ガス2口
・徒歩10分以内

に合致していても、

・クロスやキッチンパネルなど建具の色が気に入らない
・収納が思ったより狭い
・キッチンが見ていたよりも小さく、調理しにくい

これを続けていくとマイナスのループに陥ってしまいます。

100点満点のお部屋を探したい気持ちはすごくよくわかります。
もしかしたら今後出てくるかもしれない…。
もちろん出てくるかもしれませんが、出てこないかもしれません。

何とも言えないところなんですね。

だから、「100点満点の物件を見つけるのもすごく難しいものなんだ」と思うことも大切になってきます。

どこかのタイミングで、

「あ、こういったものなんだな」

と思えるようになると、少しは気がラクになってきます。

・気にしないポイントを見つけていく
・「ま、いいか」という妥協点を早く見つける

というのがコツなんですね。

例えば、エリアのこだわりを捨ててみる(通える範囲で)、築年数を5年以内から10年以内に変更するなどです。
エリアにこだわっている人であっても、物件へのこだわりが探しているうちにだんだん薄れていっている、なんてことは多々あります。
知らず知らずのうちに妥協していますね。
こうやって見つかっていくものです。

ですので、いかに妥協点を早く見つけるか、いったい何が最重要ポイントでそうでないのかの見極めを早くできるかが、鍵となります。

そうすることで物件探しの迷い人から脱出できることになります。

理由その3:ほかの人の意見を聞きすぎ

初めての一人暮らしとなるとわからないことも多く、いきなり不動産屋さんの話を聞くのもちょっと不安ですよね。

ネットで調べて知識を身に付けたとしても実際に話を聞いたり、見に行ったりすると違うということがあったり…。

そこで、不安を解消する一つの手段として、安心できる親、友人、職場の先輩などから直接話を聞く、というのがあります。
これ、大事ですね。

でも、逆に「あなたのことを思って言っているよ」という人たちの意見があなたのお部屋探しの妨げになってしまうことがあるんです。

よくあるケースでいくと、1か月、ネット検索やっと見つけて5件ほど内見して、気に入った物件が見つかったことを相談すると

「それでいいの」
「え、ここって気にならない?」
「もうちょっと探してもいいんじゃない?」

なぜか否定的な意見が出てきます

それは意地悪ではなく純粋に本当に大丈夫という意思確認なんですが、色々言われてしまうとまたまた不安になってくるものです。

受け入れる部分、アドバイス程度に聞く部分、うまく聞き分けながら最後は自分で判断する気持ちで進めるようにしましょう。

ワンポイントアドバイス

今回、物件が見つからない3つの理由について説明をしました。
ここで、ワンポイントアドバイスです。
「なぜ今回引越しするのか、時期は今ではければならないのか」
これを再度確認してみましょう。

引越しの理由には色んな理由があると思います。

・更新のタイミングで引っ越す
・テレワークが増えたので、独立した部屋がもう一つ必要
・駅から近い所に住みたい
・比較的新しい物件に住みたい

わざわざ時間とお金をかけて引越しをしたいと思った理由がありますよね。
ここがぶれてしまうと引越しをした後に後悔してしまうこともあります。

シンプルに引越しの理由を思い出してみてください。
また時期も今ではければならないのかも考えてみてください。

そうすると少しは方向性が見えてくるかも。

設定した条件を再確認

どのような条件を最初に設定したのかを見直すことも大切になってきます。
最初に設定した条件から、いま、大きく外れていないかどうかを確認してみてください。
多少の微調整や妥協はいいのですが、そのあたりを考慮しながらもう一度冷静に整理することが大事ですね。
色々物件を見ていると「あれも欲しい、これも欲しい」と条件が膨れ上がっていることがよくあります。
気が付くと背伸びをしている条件になっていたり、身の丈に合わない条件になっていたり、その点を整理できると今の状況にあった最善の物件を見つけることができます。

③お部屋探しのおすすめポータルサイト

Yahoo!不動産

Yahoo! JAPANが運営する、不動産ポータルサイトです。
中古マンションや一戸建て購入など、全国の不動産情報が満載です。

◆ポイント◆
○細やかな検索が可能
豊富な掲載物件数の中から都道府県、市区町村、沿線、駅、その他こだわりの条件から物件を簡単に探すことができます。
住まいや家、生活のヒントになる情報も掲載しています。
○幅広い物件情報
気になる物件の概要情報だけではなく、クチコミや周辺の人気物件、特徴が似ている物件など、幅広く物件情報をご提案してくれます。
○お得な特典
Yahoo!不動産経由での物件ご成約で最大20万円相当のPayPayボーナスをプレゼントしてくれます!

以上、今回は見つからない人の特徴的なこと、その理由について解説いたしました。
素敵な物件が見つかるようにぜひ試してみてください。

プロフィール


 

zeronuko(ゼロヌコ)

◆50代二児のママ
◆大阪市在住
◆27年勤めた会社を辞め令和1年不動産会社AnzRealEstateを設立。
起業、子育て、人間関係等過去の経験からお役立ち情報を発信します。
◆宅地建物取引士、AFP、二級ファイナンシャル・プランニング技能士、一種証券外務員資格、年金アドバイザー3級、生命保険募集人資格、損害賠償保険募集人資格、心理士、ライフスタイルテラピスト

不動産
スポンサーリンク
zeronukoをフォローする
グローアップ50代

コメント